レンガ調タイル【カルセラ】のメリット 屋外の庭のリフォームにも!

レンガ調タイル「カルセラ」を活用!外壁だけでなく内装や店舗インテリアにも使える魅力とは

レンガ調タイル「カルセラ」は、超軽量であることから取り付けが非常に簡単です。それでいて本格的な風合いを持つため、多くの方におすすめできます。この記事では、カルセラを使用したタイルの貼り方やカルセラを活用するメリットについて解説しますので、ぜひ参考にしてください。

カルセラを使用したタイルの貼り方

職人とレンガ

カルセラを使用したタイルの貼り方は、おおむね以下のとおりです。

1.接着剤の塗り付け

カルセラは、全国タイル工業組合が推奨するQ-CAT対応の弾性接着剤を使用します。弾性接着剤とは、ゴムの弾性と幅広い接着性能を持つ高性能接着剤です。硬化時の収縮ひずみが少なく、振動や衝撃の外部応力を吸収します。

弾性接着剤の袋の開封方法としては、カッターやニッパーなどで端を切り開くのが一般的です。必要な量を、コテによってもしくは手で絞り出します。そして下地になじむように、接着剤を壁面に塗り付けます。

2.クシ目立て

クシ目ゴテを使用し、クシ目を立てるのが次の工程です。クシ目を立てる目的は、接着剤を均等にすることと、接着面の表面積を大きくし、接着力を強くすることです。

3.タイル貼り付け

タイルを貼り付ける際のポイントは、もみ込むように押さえつけることです。後述するタイルエースProの場合、35℃で塗布後30分以内、23℃で60分以内が可使時間の目安になります。
タイルを貼り付けた後は、タタキ板を使用してタタキ押さえをします。そして接着剤の可使時間内に、目地直しを行うことが重要です。養生を行った後は、タイルの紙はがしをして完成となります。

4.完成後の仕上げ

完成後、タイルについた接着剤はカッターを使って削ります。硬化するのを待って、薄くなるまで削ってください。最後に砂消しを使用して除去すると、きれいに仕上がります。

以上が、基本的なカルセラの接着方法です。カルセラを接着するのであれば、弾性接着剤はタイルエースProが適しています。耐久性・追従性に優れ、混練不要なうえに外壁の目地無しで使用できることから、一定以上の施工品質を保ちながら作業を簡素に進めることが可能です。人体への影響も少ないことから、安心して使用できます。

屋外の庭にも室内の内装にも活用できるカルセラのメリット

水の中のレンガ

カルセラには、以下のように多数の魅力があります。

超軽量で施工が簡単

カルセラはとにかく軽量で、職人でなくても施工できます。水に浮くほど軽いため、重たいタイルでは貼れない外断熱工法にも使用可能です。弾性接着剤を使う工法であるため手早く作業でき、通常よりも作業を省略できます。

既存の下地を活かしたリフォームが可能

カルセラは超軽量なことから建物への負担が少なく、通常のブロックとは異なり下地を補強する必要がありません。タイルの隙間から下地を上手に見せることで、通常のブロックとは異なるおしゃれなデザインに仕上げられます。

環境にやさしい

環境にやさしい点も、カルセラの魅力の1つです。長石や陶石、珪石、粘土を精製した顆粒状の天然の材料を使用しています。

部分リフォームができる

タイルであるため、好きな部分だけ貼り替えることも可能です。密度が低いハニカム構造を持つ「発泡セラミック」は、簡単にカットをはじめとした加工を行えます。細かい部分にも合わせてカットできるため、コンセント周りやエアダクト周りなどもきれいに仕上げることが可能です。

耐久性が高い

カルセラは耐久性が高く、塗り替えや貼り替えが長期間不要です。紫外線や酸性雨、大気汚染などの過酷な自然状況に強く、薬品性の腐食にも強いためいつまでも美しいデザインを維持できます。

室内や店舗インテリアにも使用できる

カルセラは、内装材としても使用可能です。部分的に貼りたい場合は、両面テープで貼ることもできます。施工が簡単なため、店舗インテリアとしても最適です。デザイン性と機能性を両立させたカルセラを、ぜひご利用ください。

超軽量で耐久性・デザイン性も抜群のカルセラをリフォームに活用!

カルセラの貼り付けは通常のレンガと比較して非常に簡単であり、職人でなくとも施工が可能です。通常の流れを守ることで、比較的容易に貼り付けられます。カルセラは軽いことや耐久性が高いこと以外にも多くの魅力があるため、外壁だけでなく内装や店舗インテリアにもおすすめです。
ぜひ玉川窯業株式会社のカルセラをご利用いただき、最高の空間づくりを行ってみてください。

レンガ調タイル「カルセラ」のご利用なら玉川窯業株式会社へ

会社名 玉川窯業株式会社
代表者 代表取締役社長 中島 且貴
本社工場住所 〒507-0901 岐阜県多治見市笠原町平園区4377
本社工場TEL (0572) 43-2624
営業本部・物流センター住所 〒507-0901 岐阜県多治見市笠原町2776−1
営業本部・物流センターTEL (0572)43-5015(代)
営業本部・物流センターFAX (0572)43-5056
URL https://www.karucera.jp/
創業 昭和32年9月
会社設立 昭和59年7月1日
資本金 1,000万円
事業内容 セラミックスタイル製造・販売
従業員数 31名 内パート3名(2016年12月末現在)
PAGE TOP