DIYでタイルをキッチンやトイレの壁紙に活用する場合

DIYでタイルを使ったキッチン・トイレのアレンジ例

DIYでタイルを使って家をおしゃれにしたいとお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。タイルは耐久性・耐水性があるので、キッチンやトイレといった水回りに最適です。この記事では、タイルを使ったキッチンやトイレのアレンジ例をご紹介します。

キッチンでのタイルアレンジ

キッチンと白いタイル

キッチンは料理中に油や水、調味料などがあちこちに飛んでしまいます。賃貸や建売などでは、多くの場合白い壁紙で統一されているため、汚れも目立ちやすいです。そのため、ストレスに感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ここでは、タイルを使ったキッチンの様々なアレンジについてご紹介します。

コンロ周り

タイルは耐火性にも優れているので、油汚れで悩むコンロ周りに使用するのがおすすめです。コンロの下がアルミ板だと、焦げや油のべたつきなどが気になるかもしれません。コンロ下だけでもタイルを貼っておくと見栄えが良く、汚れてもさっと拭けるので掃除の手間も省けます。

キッチンカウンター

キッチンカウンターはダイニングやリビングに面しているため、タイルを貼るとお部屋のアクセントにもなります。

一色で統一するとシンプルに、複数の明るい色でカラフルに仕上げるとかわいく、シックな色合いのものを複数組み合わせるとカフェのようなおしゃれ感が出せるなど自由自在です。

お部屋の雰囲気や家族構成によって、タイルの種類や色合いを決めてください。

キッチンの壁

壁紙に飛んだ汚れは拭き取るのがなかなか大変ですが、タイルに貼り替えると汚れが飛んでもすぐにきれいにできます。また、広い範囲に貼るとそこだけ空間が締まって見えて、特別感が出るのも魅力的です。

一色で統一したり複数の色を組み合わせたりするのも良いですが、広い範囲で貼るなら、模様が入ったものを取り入れると単調にならずにおしゃれな空間づくりができます。

「汚れを目立ちにくくしたい」「もう少しおしゃれなキッチンに替えたい」という方はタイルで簡単にアレンジすることが可能です。全体的に貼ることも、部分的に貼ることもできるので自分の好きなデザインでDIYを楽しめます。

トイレでのタイルアレンジ

タイルを使用したトイレ

トイレは湿気がこもりやすくカビが生えやすかったり、築年数が長いと壁紙が剥がれたりして悩まれる方も多いのではないでしょうか。そのまま壁紙を貼り替えるのも良いですが、タイルにするとその後の掃除も楽です。
ここでは、トイレのタイルアレンジ例をご紹介します。

トイレの壁紙

トイレの壁は尿や水がはねて汚れやすいです。そのため、全面にタイルを貼るとよいでしょう。下部分は木目調にし、真ん中から上の部分はタイル調にするなど、メリハリをつけるとおしゃれ度がアップします。

手洗い場

トイレの手洗い場にタイルを貼るとアクセントになります。モザイクタイルや三角形のタイル、モロッカンタイルなどを使うとおしゃれに仕上がるでしょう。

また、耐水性の高いタイルを選ぶと水はねにも強くなるのでおすすめです。いつもは水はねをそのままにしてしまいがちな方も、水回りがおしゃれだと、きれいにしておこうと意識も上がるのではないでしょうか。こまめに拭くことできれいな状態を保てるので長持ちします。

トイレの床

トイレの床は、トイレ本体の後ろ側にレンガを貼るのが難しいため、タイル調のシートがおすすめです。その際は耐水性のあるものを選び、すぐに剥がれないようにしっかり貼り付けます。

接着剤で貼り付けると、いざ貼り替えようといったときに剥がしづらくなるので、両面テープなどを活用してください。

トイレは部屋に比べると狭いので、DIYする箇所が少なくて済むのが嬉しい点です。一方、おしゃれにしたいからと様々なデザインのタイルを貼ると、ごちゃごちゃした印象になります。

狭い空間だからこそ、色合いや雰囲気をまとまりのあるものにして、落ち着く空間をつくってみてください。

タイルを使ったDIYで自分好みの空間づくりを!

汚れやすいキッチンやトイレは、タイルを貼ると汚れが目立ちにくくなり、印象もがらりと変わります。
玉川窯業株式会社では、特殊なセラミックでつくられたカルセラレンガを販売しています。カルセラは、密度が低いハニカム構造のため、簡単にカットできます。そのため、キッチンやトイレといった細かい仕上がりが求められる場所でもきれいに仕上がります。レンガ調タイルを活用したDIYをお考えの際はぜひご活用ください。

カルセラリフォームの具体的な施工例

DIYでタイルをキッチンやトイレの壁紙にするなら玉川窯業株式会社へ

会社名 玉川窯業株式会社
代表者 代表取締役社長 中島 且貴
本社工場住所 〒507-0901 岐阜県多治見市笠原町平園区4377
本社工場TEL (0572) 43-2624
営業本部・物流センター住所 〒507-0901 岐阜県多治見市笠原町2776−1
営業本部・物流センターTEL (0572)43-5015(代)
営業本部・物流センターFAX (0572)43-5056
URL https://www.karucera.jp/
創業 昭和32年9月
会社設立 昭和59年7月1日
資本金 1,000万円
事業内容 セラミックスタイル製造・販売
従業員数 31名 内パート3名(2016年12月末現在)
PAGE TOP