レンガ調タイルの耐用年数は?外構やキッチンもメンテナンスが簡単

レンガ調タイルなら外壁メンテナンスの手間がかからない!耐用年数が長い理由とは?

レンガ調タイルをはじめとするタイルは非常に耐用年数が長く、メンテナンスの手間もかかりにくい外壁材です。ではなぜ、タイルの耐用年数は長いのでしょうか。この記事では、タイルの耐用年数の長さやその理由などについて解説します。

タイルの耐用年数

白いタイル

タイルは、耐用年数が長いといわれている外壁材です。

基本的な外壁材の耐用年数

基本的な外壁材の耐用年数は、おおむね以下のとおりです。

外壁材 耐用年数
モルタル 10~15年
サイディング 30年
タイル 40年

上記のとおり、タイル仕上げの外壁は耐用年数が抜群に長くなっています。外壁タイルは土や石などの原料を整形し、高温で焼き固めたものです。硬度があって摩耗に強く、傷もつきにくいという特徴を持ちます。

タイルは塗装工事が不要

タイルは耐用年数が長いだけでなく、塗装工事が不要です。

サイディング素材の場合も、耐用年数は30年以上と決してモルタルに引けを取りません。しかし、サイディング素材の場合は10~15年程度に一度の頻度で、外壁塗装が必要になります。防水工事も実施しなければならず、もし工事を怠れば、実際には30年も持たないのです。

しかし、タイルの場合は塗装自体がされていないため、定期的に塗装工事をする必要がありません。目地にコーキングを施している場合はメンテナンスが定期的に必要ですが、目立った損傷がない限りはほとんど放っておいても40年程度持つのです。
ただし、もし以下の状態になっていたら、プロによるメンテナンスを受けることをおすすめします。

・外壁タイルが浮いている
タイルが正しく接着されていなかった場合、浮いてしまうことがあります。そのままにしておくと隙間からほこりや雨水が入り込み、建物全体の被害につながりかねません。
・コーキングが剥離している、割れている
コーキングが剥がれたままにしておくと、タイルの割れにつながることがあります。いつ発生したのかはっきりとわからないことも多く、発見した際には早期に対応することが重要です。
・外壁タイルが剥がれている
タイル自体が剥がれてしまっている場合も、業者へ依頼することが求められます。放置しておくとやはり被害が拡大してしまうため、早期対応が大切です。

タイルで仕上げた外構は水で洗浄OK!メンテナンスも楽々

タイルで仕上げた外構はほとんどメンテナンスが要らず、日常的なメンテナンスも水をかける程度で十分です。その理由として、以下の点が挙げられます。

耐候性が高い

タイルは、土や石、砂などを1,000℃を超える高温で焼き、成形した無機物です。自然界においても無機物は基本的に劣化せず、長い間存在を保つことができます。タイルについても同様のことが言えるため、紫外線や風雨の中で長期間放置し続けていても、元の状態を保ち続けられるのです。

防水性が高い

防水性の高さも、タイルが長持ちする大きな要因となっています。外壁材が水を吸いやすいと、「吸水・乾燥・吸水・乾燥…」と繰り返すことで伸縮し、劣化してしまうのです。

タイルは吸水性の違いによってⅠ~Ⅲ類に分けられ、JIS規格によると以下の吸水率です。

分類 吸水率
Ⅰ類 3.0%以下
Ⅱ類 10.0%以下
Ⅲ類 50.0%以下

そして外壁材には、吸水率の低いⅠ類もしくはⅡ類のタイルが使用されます。サイディング素材やコンクリート室の建材は吸水率が30%程度ともいわれており、タイルの外壁の方が圧倒的に耐水性に優れているのです。

耐傷性に優れている

タイルは非常に硬度が高く、傷がつきにくいという特徴も持っています。非常に高い温度で焼き固められていることが、硬度が高い理由です。砂埃で傷がつくようなことは通常なく、耐用年数が長くなる大きな要因となっています。

上記のような理由から、タイル外壁は水で洗う程度のメンテナンスでも十分に長持ちしてくれるのです。

キッチンのリフォームや店舗リフォームなどにはカルセラがおすすめ

タイル外壁は非常に耐久性が高く、一般的には40年の耐用年数があるとされています。タイルは定期的な塗装工事や防水工事が不要なため、ほとんど放置状態でも長持ちしてくれるのです。日常的なメンテナンスも、水をかける程度で問題ありません。防水性・耐傷性・耐候性に優れたタイルは、外壁材に適しています。

玉川窯業株式会社の「カルセラ」は、非常に軽く加工もしやすい建材です。デザイン性にも優れているので、外壁はもちろん内装のリフォームにもご活用いただけます。店舗・内装・外壁のリフォームに、ぜひご利用ください。

レンガ調タイル「カルセラ」をお求めなら玉川窯業株式会社へ

会社名 玉川窯業株式会社
代表者 代表取締役社長 中島 且貴
本社工場住所 〒507-0901 岐阜県多治見市笠原町平園区4377
本社工場TEL (0572) 43-2624
営業本部・物流センター住所 〒507-0901 岐阜県多治見市笠原町2776−1
営業本部・物流センターTEL (0572)43-5015(代)
営業本部・物流センターFAX (0572)43-5056
URL https://www.karucera.jp/
創業 昭和32年9月
会社設立 昭和59年7月1日
資本金 1,000万円
事業内容 セラミックスタイル製造・販売
従業員数 31名 内パート3名(2016年12月末現在)
PAGE TOP